話しを聞く存在

弁護士弁護士には、いろいろなところが存在します。法律の専門家であり交渉術にたけた存在ですが、それだけでは慰謝料の請求がうまくいくわけではありません。特に忙しすぎるようなところは、避けるべき条件でしょう。プライバシーが大きくかかわってくる慰謝料の問題では、自分のために時間を割いてもらわなければいけません。連絡も密に取っていくことが必要になるのですから、弁護士として忙しすぎるのはメリットにはならないことになります

話しを聞くということでは、どれだけ親身に聞いてくれるのかが重要となるでしょう。法律の専門家であっても、メンタルやプライバシーに配慮していないところはうまくいきません。上から目線で接するようなところは、デメリットがあってもメリットはないといっていいでしょう。プライバシーに踏み込んでいく問題であることからも、親身に話しを聞かない人は、結果的に失敗したと感じてしまうことにつながります

慰謝料を請求するといっても、精神的につらい状態であることには変わりません。法律面だけで支えるのが弁護士ではない以上、気配りができないような存在では、一緒に目標に向かっていくことはできませんし、自分の代理人として行動することは不可能といえるでしょう。